講師の研修日誌

2018 7/14 ゴミ袋の移動には注意しましょう

今日、東京都心では今年初めての猛暑日となったそうです。
ニュースでは危険な暑さとまで言われています。

屋外ではおそらく食品は腐敗を始め悪臭が発生します。
室内でもゴミとして出している残飯などは腐敗が進んでいる可能性があります。
そのゴミ袋に穴などが開いているとゴミ袋を移動の際、液体などポタポタと垂れ室内を汚す恐れがあります。
ゴミ袋を一時置く場合や移動する際は、穴が開いていないか、液体が垂れていないかを確認するようにしましょう。

2018 7/7 さまざまな家電品

家政婦の仕事を始めて戸惑う事の中に、掃除機や洗濯機、IHなどの家電品の扱いがあります。
自宅とは違うもしくは、自宅には無い家電品で「使い方がわからない」となると、「作業ができない」という事になり、その結果「お客様のご要望にお応えできない」と繋がります。

使い方についてはお客様にわかるまでお聞きし、正しく使えるようにしてください。
特に表記が日本語以外の家電品については、注意をしましょう。

2018 6/30 作業の時間割表を作りましょう

限られた時間の中でお客様からのご要望をおこなうためには、効率の良い段取りと無駄のない導線が大切になります。
とは言え、お客様から急に呼ばれたり頼まれたりする事も多く、「通常の作業プラス突発的な作業を全て時間内におこなう」というのは難しい時もあります。

1日の時間割と作業手順を作ることで、突発的な依頼にも焦ることなく対応してください。
しかし、どうしても困難な時にはお客様にご相談しましょう。

2018 6/23 お客様宅での携帯電話やスマホ

基本的にお客様宅に居る間は私的な携帯電話やスマホの使用はしてはいけません。
例えば「家族で緊急の何かがあり直ぐに対応しなければならない」などの時にはお客様に相談してください。

お客様がご不在だからと言って、リアルタイムにやり取りをするゲーム等は絶対にしてはいけません。
「お客様宅に居る」イコール「仕事中」という事を自覚していただきたいと思います。

2018 6/16 入室前の心得

ネックレスやピアス、ブレスレットをしている場合には、お客様宅に入る前に外し自分のバッグに入れるようにしてください。
腕時計も支障が無ければ外す事をお勧めします。
また、煙草を吸われる方は、匂いが衣類に付く事が考えられますので、入室直前の喫煙は控えましょう。

2018 6/9 家政婦の醍醐味

今では家政婦や家事代行と聞いて知らない人が居ないくらい、知名度の高い職業になっていると感じています。
しかし、家政婦と家事代行では仕組みが全く違います。
家事代行は、お客様と会社との契約の為「会社を通さないとできない事柄などもあり」訪問スタッフの判断で臨機応変に対応できない事があります。

文京まことの家政婦は、お客様との直接雇用の為、訪問する家政婦一人一人の判断で「お客様と直接お話し、相談し、解決していく」ことができます。
家政婦と言う名の個人事業主として、やりがいを持って働く事の出来る職業です。

2018 6/2 ゴミから出る悪臭

急に暑くなると生ゴミからの悪臭が出やすくなります。
近年、マンションなどの集合住宅では鼻を突くような悪臭はしなくなっているように感じますが、地域のゴミ収集所では強い日差しの中にさらされる場所も多いと思います。

お客様宅からゴミを出す場合には匂いが漏れないように工夫するようにしましょう。
また、ゴミを出すまでの数日間、お客様宅で悪臭が出ないように気を付けましょう。

2018 5/26 鍵の取り扱い

留守宅に限らないかもしれませんが、お客様より鍵をお預かりする事が考えられます。
今はスマホでも解錠が可能になっているお宅もあるそうですが、大多数のお宅は鍵が無いと解錠・施錠ができないと思います。

常に「お客様宅を守る」という気持ちを持ち、お客様宅の鍵は自宅の鍵以上に取り扱いには十分、注意をしていただきたいと思います。

2018 5/19 体調管理に心がけましょう

最近は朝晩の気温差だけでなく日々の気温差もとても大きく体調管理が難しいと感じています。
一般的な会社での仕事の場合、急遽お休みをいただくことは可能かもしれませんが、私たち家政婦の場合には代理の人は居ないのでお客様にご迷惑をおかけすることになります。

そこで最近、私が続けていて良いなと感じている食品を1品ご紹介します。「甘酒」です。
フリーズドライだと温も冷もできますし、パックならどこででも簡単にいただく事ができるので便利です。

2018 5/12 緊張しても笑顔で

初めてお客様宅に伺う日は、とても緊張すると思います。
しかし、お客様が何をして欲しいのか、どんなご要望をお持ちなのかを的確に聞き取らなければなりません。
その為には事前に、何を聞き確認するのかをまとめておくことをお勧めします。

また、緊張していても疲れてしまっても笑顔で接していただきたいと思います。

「文京まことの家政婦は表情を変えない能面のようだ」などと言われないように注意しましょう。

1 2 3 4 5 6 26