講師の研修日誌

2021 9/11 作業の時間割表を作りましょう

私たち家政婦は限られた時間の中で作業をします。お客様宅では日々状況が変わるため突発的に依頼されることもありますので、決まった作業内容に関しては時間割を作っておきましょう。

そしてお客様より突然「これやって」と依頼された場合には、時間を見てどのように対応すれば良いのかを、お応えできるようにしておきましょう。

2021 9/4 体調管理に心がけましょう

9月に入って急に涼しくなりました。暑さに慣れていた体にとっては寒いくらいの感覚です。医療機関では寒暖差疲労という外来が新設されるくらい気温の差は体に大きな負担をかけるそうです。

私たち家政婦は体力勝負でもありますので、食事や睡眠などしっかり摂り寒暖差に負けないようにしましょう。少しでも疲れたと感じる時は無理をせず早めに休養してください。

2021 8/28 お客様の話に耳を傾けましょう

お客様が何を望まれているのか、どのようなご指示をされているのか、きちんと聞くためには「メモを取る」「復唱する」事が必要になります。

聞き違いや勘違いが大きな事故に繋がる事も考えられますので、お客様の話には意識を集中してしっかり聞きましょう。

2021 8/21 使用した物の確認を

急に何か別の事に気を取られたり集中力が欠けたりして、作業中に使用したものを置きっぱなしにしてしまう事がありますので、終了時に使用したものを確認するようにしましょう。

もし、足りない物がある場合にはどこかに置いたままになっている事が考えられますので、何をいくつ使用しているかを常に把握しておく事が大事になります

2021 8/14 雨の日は靴下と敷物と

豪雨が続いています。お客様宅に伺うまでに足元や荷物が濡れる可能性がある場合には、履き替え用の靴下と荷物を置く際の敷物、そして濡れた衣類や荷物を拭くためのタオルを持参しましょう。

くれぐれも濡れたままの衣服でお客様宅に入ることのないようにしてください。自転車で行かれる場合には、雨具は玄関に入る前に脱ぎましょう。

2021 8/7 体調管理に心がけましょう

連日の猛暑と熱帯夜で疲れが完全に取れないまま残っている事はないでしょうか。

自覚のある疲労感は自ら休もうと思えるのですが、自覚のない疲労感はガス欠の車のように突然動けなくなることがあります。

日ごろから食事と睡眠をしっかり取り、体調を崩さないように心がけましょう。

2021 7/31 家政婦と言う仕事

家政婦も家事代行も作業の内容としてはお客様宅で家事をすることですが、大きな違いは、私たち家政婦は直接お客様のご要望を聞き賃金精算もおこないます。お客様の状況によっては作業内容が変わることもあります。その時々に合わせて臨機応変に対応できるのが家政婦だと思っています。

2021 7/24 水分補給

梅雨が明けてから連日猛暑が続いています。天気予報でも言われていますが、熱中症予防のため、お客様との距離が十分ある時にはマスクを外しての作業、こまめな水分補給、適度な休憩を取るなどをお客様にお話ししてください。
先週に引き続きになりますが、体調が少しでも変と感じた時には、早めにお客様にご相談しましょう。

2021 7/17 記録的な猛暑

年々、夏の気温は上回っています。しかし体はその気温上昇に適応していくのは難しいと思います。

お客様宅の状況や作業内容では涼しい環境でない場合もあると思いますので、適度に休憩と水分補給をおこなってください。

万一、体調がおかしいと感じた時には無理をせず、お客様に相談し休ませていただきましょう。

2021 7/10 急な大雨

朝は快晴でも、いつ雨が降ってくるかわからないのが今の天気です。急な雨でも対応できるよう、折り畳みの傘と履き替え用の靴下、濡れた物を拭く為のタオルを持つようにしましょう。

また、ゲリラ豪雨のような激しい雨に遭遇するとずぶ濡れになる事もありますので、玄関に入る前に良く拭いてから入りましょう。

靴下は玄関のたたきで履き替えてから室内にあがりましょう。

くれぐれも濡れたまま入る事の無いよう注意してください。

1 2 3 4 5 6 38